乳がんについて

乳がん患者数は、
年々増加しています。

乳がんは、日本人女性において1990年代後半から「がん」の罹患率の第一位となり、増加の一途をたどっています。現在、1年間に約5万人の新たな乳がん患者さんが見つかっています。日本では40才代後半に最も多く発生し、次に50才代前半、それ以後しだいに減少しますが、最近は高年齢層で乳がんが増加傾向にあります。

一方、乳がんの治療法は著しく進歩しています。手術はどんどん縮小され、また、ひとりひとりの患者さんの乳がんの性質に合った適切な薬物療法(くすりの治療)を行うことにより、7割以上の方が完全に治ります。更に、早期の段階で見つかれば9割の方が治ります。

何か気になる症状があれば早めに医療機関受診を、また症状はなくても定期乳がん検診を、是非お勧めいたします。

乳がんイメージ

乳がんにかかりやすい要因

以下の方は乳がんにかかる可能性が高いと言われていますので気を付けましょう!
  • 初潮が早かった
  • 閉経が遅い
    (もしくは遅かった)
  • 比較的高齢での初産
  • 未産
  • 肥満傾向
  • 喫煙
  • 糖尿病
  • 血のつながった家族や親戚に乳がんにかかった人がいる

こんな症状はありませんか?

  • 乳房にしこりがある。
    もしくは、しこりのような硬さを感じる。
  • 乳房に痛みがある。
  • 授乳中ではないのに乳首から液が出る。
  • 乳がん検診や人間ドックで
    精密検査が必要と言われた。
上記のような場合でも、
その多くは乳がんではありませんが、念のため精密検査での確認が必要です。

自己検診について

医療機関での乳がん検診と同じぐらい大切なのが自己検診(セルフチェック)です。乳がんは内臓と違って、乳房という手で触れる部位にできるため、自分で乳房をチェックすることによって早期に発見できます。

乳房にしこりなどの異常が見つかったとしても、その多くは良性ですから、むやみにあわてる必要はありません。しかしその場合は念のため必ず、乳腺外科、乳腺科などの表示のある病院やクリニックを受診しましょう。

自己検診の方法は、以下を参考に、ご自身でチェックしてみましょう。

  • 鏡の前でチェック
    1. 左右の乳房の形や大きさに変化がないか。
    2. 乳首のどこかに皮膚のへこみやひきつれはないか。
    3. 乳首がへこんだり、ただれができていないか。
    乳がん自己検診イメージ1
  • 入浴中にチェック
    1. 手に石けんをつけて滑りやすくしておきます。
    2. 腕をあげ、乳房の表面に渦巻きを描くようにして、しこりやこぶなどがないか調べます。
    3. 指先をそろえてわきの下に差し入れ、リンパ節が腫れていないか確認します。
    乳がん自己検診イメージ2
  • 就寝前に横になってチェック
    1. 仰向けに横たわります。(肩の下に薄いクッションなどを敷くと調べやすくなります)
    2. 腕を上げて、乳房の内側半分を指の腹で軽く圧迫しながら調べます。
    3. 腕を下げて、乳房の外側半分を指の腹で軽く圧迫しながら調べます。
    4. わきの下に手を入れ、しこりがないか指の腹で調べます。
    乳がん自己検診イメージ3

Web予約はこちら